忍者ブログ
中国語で意外と知らなかった単語や使い方を紹介します。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
広告
最新コメント
[10/22 中国語は勉強するな]
[01/28 お節介じいさん]
[12/02 お節介じいさん]
[10/20 お節介じいさん]
[04/13 管理者]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
辛子ニコフ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者アド
忍者アド
忍者アド
[110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本人にとって難しい中国語の発音の一つ「r」の音。

なにせ一番使う頻度の高い「日本人」の発音ではrì běn rén と二つも入ってるんだからやっかいです
でもこれ最初から”r”じゃなかったんです。

昔々、、、日本では卑弥呼が活躍していた三国志の時代のから隋に統一される前の南北朝時代初期まで

は”n”の発音を使っていたんですね。

でやがて”n”が鼻音化して”nge(ニュ)”のような音に変わり、やがて唐代に入ると鼻音性がなくなって

やや反り舌音のzh(ジ)になって唐末から宋初には”nz(鼻にかかったジ)”となり、やがて現代の普通話の

”r”となったそうです。

現代でも上海語では「人」を"nin"と発音するので南の地方では発音の一部が残ってるみたいです。

で、、、これって日本語でも似たような話聞いたことないですか?

そう、日本では漢字の音読みって何種類かありますね。

呉音:古く中国の南方系の音の伝来したもの。

漢音:唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。遣唐使・留学生・音博士などによって奈良時代・平安初期に輸入された。

宋音:入宋僧または渡来した宋僧の伝えたという音。実質上は唐末から元初のころまでの音で、鎌倉時代までに渡航した禅僧・商人から民間に流布した音と同一のものとされる。

唐音:宋・元・明・清の中国音を伝えたものの総称。禅僧や商人などの往来に伴って主に中国江南地方の発音が伝えられた。

宋音と唐音はひとまず置いておいて、呉音と漢音を比較すると、、、、。

呉音・・・日(ニチ)、人(ニン)と”n”が頭にきます。

漢音・・・日(ジツ)、人(ジン)と”z”が頭にきます。

全てがこれに当てはまるわけではないようですが概ねあってるようです。

試しに肉ròuを調べると呉音ではニクで漢音ではジクと読むようです。

今回中国語っていうより日本語の話になってしまいましたが興味深いので書いてみました。



※参考にした本です。専門的な用語も出てくるのでちょっと読みづらい点もありますが中国語の発音だけでなく文法や語彙の歴史なんかも書かれてあって「へぇーへぇー」な一冊です。


PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]